オーディティングでのあやまち

私が初めて、オーディティングを受けに行った時、「ダイアネティックスはどんなものか、試してやる。」という姿勢でセッションを受けました。

「試してやる。」これが重要です。悪い意味でですが・・。

こんな姿勢を持っていたら、まず何も正直に話すことはできません。
せっかくのセッションが台無しで、セッションをしてくれた人も自分も時間が無駄に過ぎるだけで、何も掘り起こせません。
お金ももったいないです。

オバート・ウィズホールド行為というものがありますが、自分の人生は、そういう行為ばかりしていたのかもしれません。

それゆえ、自分に直面出来ず、あれが悪いこれが悪いと正当化の人生だったと思います。




畳の上のEメーターたち

リリース・メーターに魅せられた人の独り言です。🌟

0コメント

  • 1000 / 1000