🌟感情のトーンスケール その2


感情のトーンがその人の行動を決定します。

人の感情のトーンがわかれば、その人が次に何をやるのか?がわかるのです。  

これは占いではなく、LRHの行動心理の論文です。

そういうわけで、もう一度言いますが、感情のトーンがわかれば、人の全ての行動が予測できます。

どう予測するかというと、まずは感情のトーンスケールの表を見てください。
そして、各トーンの数値の横に行動予測が書いてあるので、参照してください。

しかし、人は外見にだまされるとよく言います。禅の言葉にも、汝ら目に誤魔化されるという言葉があります。
汝の目にとは、見た目や外見という事だと思われます。

これは、どういう事かというと、人間には、意識と無意識があります。

そして、感情のトーンスケールも意識と無意識のトーンがあるのです。

これらは、一緒の場合もありますが、大抵は違うトーンです。

そして、意識のトーンは、トーン0〜4までを上がったり下がったり、自在に動く事ができます。つまり、本当の自分でないトーンも演じることができるという事です。

そして、無意識のトーンですが、これは一定のトーンです。無意識のトーンは一つしかありません。これが重要です。

無意識のトーンは、動くことはありません。無意識は、頑固なほど、一貫しています。よく悪い癖が出たとか、本性が現れたとか言いますが、それが無意識のトーンが現れた瞬間だと思います。ジギルとハイドのような小説やサスペンス映画では、必ず意識のトーンと無意識のトーンの違った人が犯人です。

そういうわけで、相手の行動予測を感情のトーンスケールで行う場合は、
相手の見せかけのトーンがいくつなのか?
そして相手の無意識のトーンはいくつなのか❔
に気をつけていないと間違ってしまいます。

トーンスケールは、いつでも正しいのです。間違えるのは、トーンの識別です。

ですから、トーンの識別は、相手を注意深く観察しなくてはなりません。

ps
人間関係や自分の性格に悩んでいる人は、今の自分の見せかけのトーンがいくつなのか? 自分の無意識のトーンはいくつなのか❔に気づくようにするといいと思います。
気づくだけで、性格も関係性も、だいぶ変わります。

感情のトーンスケールって、ほんとすごいです。

畳の上のEメーターたち

リリース・メーターに魅せられた人の独り言です。🌟

0コメント

  • 1000 / 1000