グルジェフ

小森健太郎さんのグルジェフの残影を読んでいたら、ウスペンスキーの『奇跡を求めて』やグルジェフの『ベルゼバフ・・』などが読みたくなり、読み返している。

グルジェフ・ウスペンスキーの本の中で出て来る水素論について調べていたら、代々木監督という人が、水素論について詳しく話していたのでびっくりした。

映像監督で、グルジェフが語れる人は、アレハンドロ・ホロスキーさんと代々木監督だけであろう。

Hの振動数が上がることを目指し、意識の階段を上がっていくのがGの教えであるようだ。

LRHのブリッジに似てるような気もする。 Gの自己想起も、なんとなく、LRHの本を読んでれば、理解が深まるような気もする。

Gのダンスとエニアグラムは、さすがにLRHのところにはないか?
ただ「3の法則」と同じ様なものが、コミュニケーションの管理のところに書いてあったような気がする。

いずれにせよGもウスペンスキーも、LRHも、
人間の進化に可能な心理学を提供した偉人である。

畳の上のEメーターたち

リリース・メーターに魅せられた人の独り言です。🌟

0コメント

  • 1000 / 1000