催眠

ダイアネティックスが、催眠の一種だという人がいた。

団体のやり方は大嫌いだが、ダイアネティックスのような技法大好きの私は、これはきちんと調べて見なければと思い、秋葉原の催眠教室に行って来ました。

催眠教室では、握ったペンを離せなくなったり、名前を書けなくなったり、自分の名前を思い出せなくなったり、先生の顔が別人に(多分キムタク)に見えたり、声がでなくなったりしました。

本当に、意識は、無意識には太刀打ちできなかったです。
体験して、初めて知りました。

苫米地Dr.は、気功も、整体も、神の手も、ヒーリングも、宗教も、セールスも、口うるさいおばちゃんがやっていることは、全て脳内情報の書き換えをやっているということです。

秋葉原の先生は、脳内情報の書き換えと催眠は、別物としておられました。ただ、気功や整体、ヒーリング他でできることは、全て催眠で実現できるそうです。

気功や整体、神の手、ヒーリング他が、催眠であるなら、選ばれし者はいないということになります。催眠はただの学問であり、誰もがやれる心理学だからです。

それにしても、無意識が活用できたら、なんでもできるんじゃないでしょうか・・と不思議に思いました。

http://www.aokumadou.com

ps
ダイアネティックスが催眠であるかは、保留しますが、催眠もダイアネティックスもまずは、変性意識に入り込まない限り成立しませんね〜

畳の上のEメーターたち

リリース・メーターに魅せられた人の独り言です。🌟

0コメント

  • 1000 / 1000