ヘミシンクCDと禅の逸話

禅の逸話 「清女離魂」

禅の逸話に、清女離魂という話があります。 

私は、この話を読んだ時、ヘミシンクCDで言うフォーカス10や27などの探求のことではないかと思いました。

ヘミシンクCDを聴くと、
過去や過去世の出来事を修正できるのです。エングラムの中に直接入っていけるということでしょうか?まさにSFの世界です。

ヘミシンクCDは、本当に驚かされます。モーメント オブ レバレーションや、ゲート ウェイ、ゴーイング ホームなどを聴くと面白い体験ができると思います。

いずれもヘッドホンもしくはイヤホンを使います。よかったら、試してみてください。
「清女離魂」

禅の逸話に、清女離魂という話があります。 

ある村に、清女(せいじょ)という娘がいました。

この娘には、恋人がいたのですが、父親の反対にあい、仕方なく駆け落ちをしました。 

数年後、子供もでき、ふと思うと、父母のことを思い出し悲しくなります。そこで、許してもらいたく、家に帰ろうと決心します。
 
そして、家に帰ってみると、家にもうひとりの清女がいて、寝たきりになっていました。 

母親に聞くと、その清女は、駆け落ちをした日から、その姿になって寝たきりだったといいます。 虚ろな表情で、家族親戚が声をかけても、まったく答えがなかったそうです。

しかし、駆け落ちした清女が近づいて声をかけると、 
ふたりは、ひとりの姿となり、その後は、村で幸せに暮らしたという話が、清女離魂です。 

この話を禅僧が聞いて、弟子たちに問いかけます。

「駆け落ちをした清女と、寝たきりの清女、どちらが本当の清女なのか?」 



畳の上のEメーターたち

リリース・メーターに魅せられた人の独り言です。🌟

0コメント

  • 1000 / 1000