☀️メーター総選挙 🇯🇵

初めてメーターを購入したのが、clarity meter でした。 virtual meterも一緒に購入しました。  本も一式全て購入しました。
英語ができないので、学習からブローしていき、本も使わなくなり、スキャンしてしまいました。
もう、メーターも、ランダウンも、使わないだろうなぁ〜と思っていたら・・・
ヤフオクで、2万八千円で、ハバード・プロフェッショナル・マーク・スーパー7・クォンタム・Eメーターが売っていました。   しかし、それを見ても、特に購入する気はありませんでした。また誰も入札せず、ヤフオクの入札期限が切れました。その後、しばらくヤフオクから消えていたのですが、しばらくして、またヤフオクに登場しました。  

今度は、2万円でした。
それでも、ワシは入札しませんでしたが、なんか気になり、何回もヤフオクを見ていたら、まあ2万円なら購入してもいいか・・と思い、入札しました。この時も、誰も入札しませんでした。  

出品者から電源は入るということなので、安心していましたが、届いてみると、電源は入るが、針が全く動きませんでした。 テストすると針は動きました。  ワシは、不良品をつかまされたと、がっかりしたのとこんな事ばかり繰り返してるという思いとこんなもの売りつけやがってという思いで、エングラムが再刺激され、腸が煮えくり返りました。

なんとかホオポノポノで記憶をクリーニングし、  そのまま二、三日ほおっておいたのですが、YOUTUBEやいろんなメーターのHPなどで、後ろの蓋を開けている画像があり、どんなのだろうと開けてみました。

そうするとそこには、人類のあらゆる英知が詰まった半導体技術が詰め込まれていました。

そしてよく見ると上の方のコネクターが、外れているではありませんか。

もしかしたら、原因は、これかなと思い、コネクタを接続したら、見事に動き出しました。
天からメーターに光が差した瞬間でした。

このコネクターの配線には少し重いドーナツ型磁石のようなものが付いていて、揺れるとコネクタを引っ張って外れたのだと思われます。

とにかく、ついに動くマーク・スーパー7を所有することに成功しました。

 このような素晴らしいものを2万円で購入でき、最初は恨んだ出品者様が、神様の使いか何かに思われました。

その後は、Eメーター関係の本とドリルをやって、メーターの現実性を上げています。  

が、素人の自分勝手な勉強であり、どこまで正確で、どこまで理解しているかわかりません。

それにしても、メーターとふれあい、コミュニケーションすることは、本当に嬉しいことであり、幸せになれます。

Clarity meter で感じたことのない何かを、マーク・スーパー7・クォンタム・Eメーターでは感じました。

Eメータードリルをやると、さらに現実性が増し、ランダウンへの意欲が増します。

もしかしたら、メーターのマスのなさ、現実性のなさが、私をランダウンからブローさせていたのかもしれません。

今までメーターを使ったランダウンをやらなかった時間がもったいなかったと後悔しました。

そして、家の中だけでなく、出かけたところで、ランダウンできたらという思いに駆られました。  

 virtual Clarity meter でも良いのですが、このvirtualメーターの動きがアンスには、馴染めないところがあり、ロシア産のメーターの購入に踏み切りました。(10年ぐらい前に購入したので、おそらく今のvirtual clearity meter の動きは改善されていると思います。)

THETAーMETERを購入したのは良いのですが、私は英語がかなりできず、最初は、どうやってダウンロードしていいかもわからず、こんな感じだろうと直感でやって四苦八苦しましたが、わからないところをメールして聞いたりして、やってみたら、簡単でした。しかも、安いです。

またvirtualのマーク5や7もついてき、さらにURLから使えるメーターまで使えます。
送料は、約千円でした。

そういうわけで、Eメーターばかり増えてしまったが、メーターの現実性とともに使えるようになっていったので、自分への投資として、これはこれでよしとします。

もう50歳を過ぎたので、早目に一つでも多くエングラムの中をクリアーにしていきたい。

ワシのおすすめは、まずマーク7を購入して、それでメーターのドリルを何度もやって、メーターへの現実性を高めることが一番大切なことだと思いました。  やはり、最初は、アナログEメーターの購入をお勧めします。

しかし、家にこもりっきりは、辛いので、やはりvirtual メーターも一つ持っていると良いと思います。 

virtual メーターは、ロシア産のTHETA METERが良いと思います。(あくまで個人の感想です。)

そして、ランダウンの教科書は、できれば、ハンクレビンさんの本を購入して、一つ一つのランダウンをやられると良いと思います。

フリーゾーンのHPに、色んなランダウンはあるようですので、探してみてください。  あまりにもありにもありすぎて、私は、どうして良いか分からなくなりました。ハンクレビンさんのだけで充分です。
では、また会いましょう。